HOME/東京都健康長寿医療センター研究所 老化制御研究チーム 分子老化制御

トピックス 加齢と老化の違い ビタミンCと活性酸素種 食品に含まれるビタミンCの人体への吸収と排泄 カロリー制限しても寿命は延びない カロリー制限はやはり健康長寿に効果がある

カロリー制限はやはり健康長寿に効果がある

カロリー制限は、多くの生物種で寿命を延ばし、加齢疾患の発症を遅らせる。 しかし、サルやヒトなどの霊長類でもその効果が期待できるかは長い間、論争になっていた。 1980年代後半に米国のウィスコンシン大学と米国国立老化研究所において、アカゲザルを用いた2つのカロリー制限の研究が開始された。 そして、ウィスコンシン大学からは2009年と2014年に「カロリー制限には寿命の延長効果がある」との報告が米科学誌サイエンスと英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズに発表された(1),(2)。 しかし、米国国立老化研究所からは2012年に「カロリー制限には有意な寿命延長効果を見出せなかった」との報告が英科学誌ネイチャーに発表された(3)。 どうしてこのような食い違いが生じたのか、その原因を明らかにするため、ウィスコンシン大学と米国国立老化研究所はお互いのデータを持ち寄り、共同で統計チームを編成してサルの生存率、体重変化、食物摂取量、加齢性疾患の罹患率など、縦断的データの比較を試みた。 その結果、カロリー制限の開始時期や食餌成分によりカロリー制限の有益な効果が異なること、そしてカロリー制限の有益性がサルでも保存されていることを確認した。 そして、ウィスコンシン大学と米国国立老化研究所は共著で2017年初頭に「カロリー制限はアカゲザルの健康長寿に効果がある」と英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズに報告した(4)

 (文責:石神昭人)


比較の詳細は、以下の文献(PDF)を参照して下さい。
石神昭人 : カロリー制限はやはりアカゲザルの健康長寿に効果がある. ビタミン 91, 569-572 (2017)

参考文献

 

 

 

 

このページの先頭へ

 

backnext