HOME/東京都健康長寿医療センター研究所 老化制御研究チーム 分子老化制御

メンバー紹介

近藤 嘉高

Yoshitaka Kondo, Ph.D.

主任研究員、博士(医学)

東京都健康長寿医療センター研究所
老化制御研究チーム 分子老化制御


略歴 教育 受賞 学会 連絡先
研究テーマ 原著論文

略歴

2002年
早稲田大学 教育学部理学科 卒業

2004年
東京医科歯科大学大学院 医歯学総合研究科 医科学修士

2006-2007年
日本学術振興会 特別研究員DC2

2007年
東京医科歯科大学大学院 医歯学総合研究科 博士(医学)

2007-2008年
日本学術振興会 特別研究員PD

2008-2014年
東京都健康長寿医療センター(旧東京都老人総合研究所) 研究員

2014-2016年
東邦大学理学部 博士研究員

2016年-
東京都健康長寿医療センター 主任研究員


教育

2008-2010年
東邦大学薬学部 客員講師

2014-2016年
東邦大学理学部 非常勤講師


このページの先頭へ

受賞

2003年 第26回 日本基礎老化学会  「若手奨励賞」受賞員

2005年 平成17年度 財団法人博慈会  老年病研究所 「優秀論文賞」受賞

2007年 2007年度 ネスレ栄養科学会議 「論文賞」受賞

2008年 第15回 日本未病システム学会  「優秀演題賞」受賞

このページの先頭へ

学会

日本基礎老化学会、日本老年医学会、日本生化学会、日本分子生物学会、日本栄養・食糧学会、日本ビタミン学会、日本免疫学会、日本未病システム学会

このページの先頭へ

連絡先

E-mail:

〒173-0015 東京都板橋区栄町35-2
東京都健康長寿医療センター研究所 
老化制御研究チーム 分子老化制御

近藤 嘉高
TEL: 03-3964-3241 内線4304

このページの先頭へ

研究テーマ

  1. 老化メカニズムの解明
  2. 栄養学的アプローチによる老化制御
  3. 老年病の診断、予防、治療

キーワード:老化メカニズム、アルツハイマー病、サルコペニア、光老化、非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)、加齢指標タンパク質30 (SMP30)/グルコノラクトナーゼ (GNL)、ビタミンC、栄養、食品、酸化ストレス、ペプチジルアルギニンデイミナーゼ(PAD)

このページの先頭へ

原著論文

  1. Kondo, Y., Ishigami, A.* : (REVIEW ARTICLE) Involvement of senescence marker protein-30 in glucose metabolism disorder and nonalchoholic fatty liver disease. 総説 糖代謝異常および非アルコール性脂肪性肝疾患における加齢指標タンパク質30の関与。 Geriatr. Gerontol. Int. Suppl:1, 4-16 (2016)
  2. Okada, H., Senmaru, T., Fukui, M., Kondo, Y., Ishigami, A., Maruyama, N., Obayashi, H., Yamazaki, M., Nakamura, N., Hasegawa, G.* : Senescence marker protein-30/gluconolactonase deficiency exacerbates diabetic nephropathy through tubular injury in a mouse model of type 1 diabetes.T型糖尿病マウスモデルにおける加齢指標タンパク質30/グルコノラクトナーゼ欠損は、尿細管障害を介して糖尿病性腎症を増悪する。 J. Diabetes Investig. 6(1), 35-43 (2015)
  3. Kondo, Y.*, Sakuma, R., Ichisawa, M., Ishihara, K., Kubo, M., Handa, S., Mugita, H., Maruyama, N., Koga, H., Ishigami, A. : Potato chip intake increases ascorbic acid levels and decreases reactive oxygen species in SMP30/GNL knockout mouse tissues. ポテトチップス摂取は、SMP30/GNLノックアウトマウスの組織におけるアスコルビン酸濃度を増加させ、活性酸素種を減少させる。 J. Agric. Food Chem. 62 (38), 9286-9295 (2014)
  4. Kondo, Y., Masutomi, H., Noda, Y., Ozawa, Y., Takahashi, T., Handa, S., Maruyama, N., Shimizu, T., Ishigami, A.* : Senescence marker protein-30/Superoxide dismutase 1 double knockout mice exhibits increased oxidative stress and hepatic steatosis. 加齢指標タンパク質30/スーパーオキシドディスムターゼ1ダブルノックアウトマウスは、酸化ストレスが増加し、脂肪肝を呈する。 FEBS Open Bio 4, 522-532 (2014)
  5. Hamano, Y.*, Abe, M., Matsuoka, S., Zhang, D., Kondo, Y., Kagami, Y., Ishigami, A., Maruyama, N., Tsuruta, Y., Yumura, W., Suzuki, K. : Susceptibility QTLs for pathogenic leukocytosis in SCG/Kj mice, a spontaneously occurring crescentic glomerulonephritis and vasculitis model. 半月体形成性糸球体腎炎と血管炎の自然発症モデルであるSCG/Kjマウスにおける白血球増加量の感受性遺伝子座。 Clin. Exp. Immunol. 177, 353-365 (2014)  
  6. Kagami, Y., Kondo, Y., Handa, S., Maruyama, N., Ishigami, A.*: Senescence marker protein-30 (SMP30)/ gluconolactonase (GNL) expression in the mouse ovary during gestation. 妊娠期間のマウス卵巣における加齢指標タンパク質30/グルコノラクトナーゼの発現。 Biol. Pharm. Bull. 36(12), 2005-2008 (2013)
  7. Kondo, Y., Hasegawa, G., Okada, H., Senmaru, T., Fukui, M., Nakamura, N., Sawada, M., Kitawaki, J., Okanoue, T., Kishimoto, Y., Amano, A., Maruyama, N., Obayashi, H., Ishigami, A.*: Leprdb/db mice with senescence marker protein-30 knockout (Leprdb/dbSmp30Y/-) exhibit increases in small dense-LDL and severe fatty liver despite being fed a standard diet. 加齢指標タンパク質30を欠損したLeprdb/dbマウス(Leprdb/dbSmp30Y/-)は、通常食飼育にもかかわらず、small dense-LDLが増加し、重度の脂肪肝を呈する。 PLoS ONE 8(6), e65698 (2013)
  8. Iwama, M., Kondo, Y., Shimokado, K., Maruyama, N. Ishigami, A.* : Uric acid levels in tissues and plasma of mice during aging. マウスの組織および血漿における尿酸値の加齢変化。 Biol. Pharm. Bull. 35, 1367-1370 (2012)
  9. Senmaru, T., Yamasaki, M., Okada, H., Asano, M., Fukui, M., Nakamura, N., Obayashi, H., Kondo, Y., Maruyama, N., Ishigami, A., Hasewawa, G.* : Pancreatic insulin release in vitamin C-deficient senescence marker protein-30/gluconolactonase knockout mice. ビタミンCが不足した加齢指標タンパク質30/グルコノラクトナーゼノックアウトマウスにおける膵臓からのインスリン分泌。 J. Clin. Biochem. Nutr. 50(2), 114-118 (2012)
  10. Saito, K.*, Yokoyama, T., Yoshida, H., Kim, H., Shimada, H., Yoshida, Y., Iwasa, H., Shimizu, Y., Kondo, Y., Handa, S., Maruyama, N., Ishigami, A., Suzuki, T. : A significant relationship between plasma vitamin C concentration and physical performance among Japanese elderly women : Comparison in healthy Japanese subjects. 健常な日本人の高齢女性における血漿ビタミンC濃度と身体能力の有意な関連。 J. Gerontol. A Biol. Sci. Med. Sci. 67(3), 295-301 (2012)
  11. Kondo, Y.*, Higashi, C., Iwama, M., Ishihara, K., Handa, S., Mugita, H., Maruyama, N., Koga, H., Ishigami, A. : Bioavailability of vitamin C from mashed potatoes and potato chips after oral administration in healthy Japanese men. 健常な日本人男性におけるマッシュポテトおよびポテトチップスから摂取したビタミンCの生物学的利用率。 Brit. J. Nutr. 107(6), 885-892 (2012)
  12. Ishikawa, Y., Hashizume, K.*, Kishimoto, S., Tezuka, Y., Nishigori, H., Yamamoto, N., Kondo, Y., Maruyama, N., Ishigami, A., Kurosaka, D. : Effect of vitamin C-depletion on UVR-B induced cataract in SMP30/GNL knockout mice. SMP30/GNLノックアウトマウスにおけるビタミンC不足が紫外線B波照射による白内障に及ぼす影響。 Exp. Eye Res. 94(1), 85-89 (2012)
  13. Uchida, E., Kondo, Y., Amano A., Aizawa S., Hanamura T., Aoki H., Nagamine K., Koizumi T., Maruyama, N., Ishigami, A.* : Absorption and excretion of ascorbic acid alone and in acerola (Malpighia emarginata DC.) juice: Comparison in healthy Japanese subjects. 健常な日本人におけるアスコルビン酸単独とアセロラ(Malpighia emarginata DC.)ジュースからのビタミンC吸収と排泄の比較試験。 Biol. Pharm. Bull. 34(11), 1744-1747 (2011)
  14. Koike, K., Kondo, Y., Sekiya, M., Sato, Y., Tobino, K., Iwakami, S., Goto, S., Takahashi, K., Maruyama, N., Seyama, K.*, Ishigami, A. : Complete lack of vitamin C intake generates pulmonary emphysema in senescence marker protein-30 knockout mice. 加齢指標タンパク質30ノックアウトマウスにおけるビタミンC欠乏は、肺気腫を生ずる。 Am. J. Physiol. Lung Cell Mol. Physiol. 298(6), L784-L792 (2010)
  15. Ogiwara, Y., Mori, S.*, Iwama, M., Sawabe, M., Takemoto, M., Kanazawa, N., Furuta, K., Fukuda, I., Kondo, Y., Kimbara, Y., Tamura, Y., Chiba, Y., Araki, A., Yokote, K., Maruyama, N., Hideki, I. : Hypoglycemia due to ectopic secretion of insulin-like growth factor-I in a patient with an isolated sarcoidosis of the spleen. 脾臓サルコイドーシス患者におけるインスリン様増殖因子Tの局所的分泌による低血糖。 Endocrine Journal 57(4), 325-330 (2010)
  16. Hasegawa, G.*, Yamasaki, M., Kadono, M., Tanaka, M., Asano, M., Senmaru, T., Kondo, Y., Fukui, M., Obayashi, H., Maruyama, N., Nakamura, N., Ishigami, A. : Senescence Marker Protein-30/Gluconolactonase deletion worsens glucose tolerance through impairment of acute insulin secretion. 加齢指標タンパク質30/グルコノラクトナーゼ欠損は、急性インスリン分泌の障害を介して耐糖能を悪化させる。 Endocrinology 151(2), 529-536 (2010)
  17. Maruyama, N.*, Ishigami, A., Kondo, Y. : (REVIEW ARTICLE) Pathophysiological significance of senescence marker protein-30. 加齢指標タンパク質30の病態生理学的な重要性。 Geriatr. Gerontol. Int. 10 (Suppl. 1), S88-S98 (2010)
  18. Kashio, A., Amano, A., Kondo, Y., Sakamoto, T., Iwamura, H., Suzuki, M., Ishigami, A., Yamasoba, T.* : Effect of vitamin C depletion on age-related hearing loss in SMP30/GNL knockout mice. SMP30/GNLノックアウトマウスにおけるビタミンC不足が加齢性難聴に及ぼす影響。 Biochem. Biophys. Res. Commun. 390(3), 394-398 (2009)
  19. Arai, K.Y.*, Sato, Y., Kondo, Y., Kudo, C., Tsuchiya, H., Nomura, Y., Ishigami, A., Nishiyama, T. : Effects of vitamin C deficiency on the skin of the senescence marker protein-30 (SMP30) knockout mouse. SMP30/GNLノックアウトマウスにおけるビタミンC欠乏が皮膚に及ぼす影響。 Biochem. Biophys. Res. Commun. 385, 478-483 (2009)
  20. Kondo, Y., Sasaki, T., Sato, Y., Amano, A., Iwama, M., Handa, S., Shimada, N., Fukuda, M., Akita, M., Lee, J., Jeong, KS., Maruyama, N., Ishigami, A.* : Vitamin C depletion increases superoxide generation in brains of SMP30/GNL knockout mice. SMP30/GNLノックアウトマウスにおけるビタミンC欠乏は、脳における活性酸素種を増加する。 Biochem Biophys Res Commun 377, 291-296 (2008)
  21. Sato, Y., Kajiyama, S., Amano, A., Kondo, Y., Sasaki, T., Handa, S., Takahashi, R., Fukui, M., Hasegawa, G., Nakamura, N., Fujinawa, H., Mori, T., Ohta, M., Obayashi, H., Maruyama, N., Ishigami, A.* : Hydrogen-rich pure water prevents superoxide formation in brain slices of vitamin C-depleted SMP30/GNL knockout mice. ビタミンCが欠乏したSMP30/GNLノックアウトマウスへの水素水投与は、脳スライスにおけるスーパーオキシドの発生を抑制する。Biochem Biophys Res Commun 375, 346-50 (2008)
  22. Furusawa, H., Sato, Y., Tanaka, Y., Inai, Y., Amano, A., Iwama, M., Kondo, Y., Handa, S., Murata, A., Nishikimi, M., Goto, S., Maruyama, N., Takahashi, R., Ishigami, A.* : Vitamin C is not essential for carnitine biosynthesis in vivo: Verification in vitamin C-depleted SMP30/GNL knockout mice. ビタミンCは生体内におけるカルニチン合成に必須ではない:ビタミンCが欠乏したSMP30/GNLノックアウトマウスを用いた検証。 Biol. Pharm. Bull. 31, 1673-1679 (2008) [Highlighted paper selected by Editor-in chief]
  23. Kondo, Y., Inai, Y., Sato, Y., Handa, S., Kubo, S., Shimokado, K., Goto, S., Nishikimi, M., Maruyama, N., Ishigami, A.* : Senescence marker protein 30 functions as gluconolactonase in L-ascorbic acid biosynthesis, and its knockout mice are prone to scurvy. 加齢指標タンパク質30はL-アスコルビン酸生合成におけるグルコノラクトナーゼであり、ノックアウトマウスは壊血病になる。 Proc. Nat. Acad. Sci. USA 103, 5723-5728 (2006)
  24. Chiba, T., Kondo, Y., Shinozaki, S., Kaneko, E., Ishigami, A., Maruyama, N., Umezawa, K., Shimokado, K.* : A selective NF-κB inhibitor, DHMEQ, reduced atherosclerosis in apoE-deficient mice. 選択的NF-κB阻害剤DHMEQは、アポE欠損マウスにおいて動脈硬化を減少した。 J. Atheroscler Thromb. 6, 308-313 (2006)

  25. Ishigami, A.*, Fujita, T., Inoue, H., Handa, S., Kubo, S., Kondo, Y., Maruyama, N. : Senescence Marker Protein-30 (SMP30) induces formation of microvilli and bile canaliculi in Hep G2 cells. 加齢指標タンパク質30(SMP30)は、HepG2細胞において微絨毛および毛細胆管の形成を誘導する。 Cell & Tissue Res. 320, 243-249 (2005)
  26. Kondo, Y., Ishigami, A.*, Kubo, S., Handa, S., Gomi, K., Hirokawa, K., Kajiyama, N., Chiba, T., Shimokado, K., Maruyama, N. : Senescence marker protein-30 is a unique enzyme that hydrolyzes diisopropyl phosphorofluoridate (DFP) in the liver. 加齢指標タンパク質30は、ジイソプロピルフルオロフォスフェート(DFP)を加水分解する唯一の酵素である。 FEBS Lett. 570, 57-62 (2004)
  27. Ishigami, A., Kondo, Y., Nanba, R., Ohsawa, T., Handa, S., Kubo, S., Akita, M., Maruyama, N.*: SMP30 deficiency in mice causes an accumulation of neutral lipids and phospholipids in the liver and shortens the life span. マウスにおけるSMP30欠損は、肝臓における中性脂肪およびリン脂質の蓄積を引き起こし、寿命を短縮する。 Biochem. Biophys. Res. Commun. 315, 575-580 (2004)
  28. Feng, D., Kondo, Y., Ishigami, A., Kuramoto, M., Machida, T., Maruyama, N.* : Senescence Marker Protein-30 as a Novel Antiaging Molecule. 新規の抗老化分子としての加齢指標タンパク質30。 Ann. NY Acad. Sci. 1019, 360-364 (2004)

 

【その他論文(査読なし)(総説等)】
  1. 近藤嘉高 : Tumour-infiltrating Gr-1+ myeloid cells antagonize senescence in cancer. 腫瘍に浸潤するGr-1+ ミエロイド細胞は、癌の老化に拮抗する。 基礎老化研究 39(1), 61-62 (2015)
  2. 古澤元、佐藤安訓、田中康一、井内陽子、天野晶子、岩間水輝、近藤嘉高、半田節子、村田晃、錦見盛光、後藤佐多良、丸山直記、高橋良哉、石神昭人 : カルニチン生合成系へのビタミンCの関与.ビタミン 83, 287-289 (2009)
  3. 近藤嘉高、石神昭人、丸山直記 : 老化とバイオマーカー.医学のあゆみ 227 563-566 (2008)
  4. 近藤嘉高、石神昭人 : ヒト赤血球ではstomatinがGlut1と結合することによりデヒドロアスコルビン酸を取り込む.ビタミン 82 : 510-513, (2008)
  5. 丸山直記、石神昭人、近藤嘉高 : 老化の分子異常〜臨床検査医学への貢献.臨床病理53, 728-734 (2005)
  6. 近藤嘉高、石神昭人、下門顕太郎、丸山直記 : SMP30の抗老化作用と分子機能の検討.基礎老化研究 28, 29-32 (2004)

このページの先頭へ