HOME/東京都健康長寿医療センター研究所 老化制御研究チーム 分子老化制御

メンバー紹介

丸山直記

Naoki Maruyama

草加ロイヤルケアセンター
施設長


学歴 職歴 教育歴 学会 研究テーマ ひとこと

学歴

1973年 北海道大学 医学部卒業

1974-1978年 北海道大学医学部大学院博士課程 医学博士

職歴

1978-1981年
京都大学医学部 病理学 助手
1981-1983年
スクリップス医学研究所 研究員
1983-1985年
千葉労災病院 病理部長

1985-1995年
東京都老人総合研究所・研究室長
1995-2004年
東京都老人総合研究所・研究部長
2004-2009年
副所長
2009-2012年
地方独立行政法・東京都健康長寿医療センターと改称 副所長
2011-2014年
東京バイオマーカーイノベーション技術研究組合(TOBIRA) 副理事長
2012-2013年
東京都健康長寿医療センター研究所
トランスレーショナル・リサーチ推進部長
老年病理学研究チームリーダー
2013-2014年
東京都健康長寿医療センター研究所 老化制御研究チームリーダー 
トランスレーショナル・リサーチ推進部長兼務
2014年
現職

教育歴

北海道大学医学部 客員教授

東海大学医学部 客員教授

東京医科歯科大学 客員教授

福井大学医学部 非常勤講師

順天堂大学医学部 非常勤講師

東京大学医学部 非常勤講師

元東京農工大学連携大学院教授(〜2010)


所属学会

日本基礎老化学会、日本老年医学会


研究テーマ

ヒトHLA-DR抗原系の解明(北海道大学)

ループス腎炎発症の遺伝学的解析(京都大学)

内因性レトロウイルス抗原発現の遺伝解析(スクリップス医学研究所)

血管腫瘍の病理(千葉労災病院)

老化遺伝子の解明(東京都老人総合研究所、現在)


ひとこと

好奇心が人類の生活レベルをあげた。好奇心を原動力とする科学は第一次産業である。